FC2ブログ

Entries

カメレオン古書店の探偵

http://irohacarta.velvet.jp/chameleon/

スタッフ
企画:いろはカルタ
脚本:香坂 真結 校閲:塚原 蒔絵
編集:香坂 真結・瀬木凍 咲希
イラスト:よいすず 憐 ロゴデザイン:柚子
背景(ジャケット表紙):胡桃 一光
撮影協力(ジャケット裏表紙):のぜりあ
(敬称略)

キャスト
小池 洋平:ナツイチ 伊達 サトシ:山口 和将
花守 帆乃佳:良鳴 美鈴 表野 充晃:シャム
堀 きらり:琥遥 ひより 堀 慎一郎:モリサキ タテワキ
堀 美津子:モモサキ モヤ
エキストラ:あきら/浅沼 諒空/日下 稔/西園寺 皇刀/芯咲 ひなた/鈴乃 なつり

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
寂れた須々木商店街でカメレオン古書店で探偵事務所も開いている小池洋平は、自称バックパッカーで眉目秀麗頭脳明晰な伊達サトシに出会い、彼をアルバイト兼助手として雇う事になる。

カルテットの関連作品だそうなのですが、最後まで全然わからず←
サトシの片方の靴ってあれか、菊地のいなくなった兄のあの話か?ん?なきぼくろってサトシまさか菊地の兄?という最後に謎を残して去っていくんですが。

地味に伏線がちらほら。それぞれの話とそのいくつかの話をまたいでの全体を通してにそれぞれ伏線があって、個々の方はちょっとあからさまかな?(苦笑)きらりのストーカーを感じる時の時間が違うとか、きらりがよく聞く音楽が流れているとか。犬探しも結局何が功を奏したのかわかりづらい。なんで走らせたしとか。
でも、たぶん全体に対しての伏線ありきで、それを出すためのそれぞれの話だったからちょっと無理やり感があったのかな?その分、堀が彼岸花の群生地がよくいたとか、奥さんが全体的に体調を崩していたとかは自然に入り込んでいたかなとは思う。

犬探しの時はそこまでサトシの凄さは出て来なかったけど、だんだんと彼の有能さと冷静さの表現が積み重なった後での、暗いのがダメとかお前、可愛いな!と崩れ落ちましたよ。いや、まあ、何かトラウマがあるんだろうけど。電気がチカチカしているのさえも恐れているし。なのに、半強制とは言え、誰かのために苦手な夜の外に出て、でも、一人じゃ無理だからと、帆乃佳に一緒に来てくれとか、可愛いな、お前!(2回目)

サトシのきらりに対しての荒いというか性格の悪さが出た罵りもぞくりとしますが、もうそれを突き抜けたサイコパス感のある表野もあれはあれで好きですね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/1011-4f39dc00

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR