FC2ブログ

Entries

惨殺ゲノム

http://murder-genome.idearoom.jp/

脚本 来宮りお
絵 縁ちよ
動画 crisu
SoundDirection studioSYNC
編集 タケハヤ
作編曲 へいはちろー
作詞 春希ジュン
ボーカル Nanao
相良 禄 中嶋有志
藤巻 幸多 橘こむぎ
名倉 匡伍 神崎智也
名倉 誠児 更科真都
有本 陽色 棗いつき
嶋 南都希 雪城あゆむ
泉田 深織 由比春都


※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
相良禄は目が覚めると見知らぬ空間に閉じ込められていた。そこには面識のない6人の男女がおり、ポケットに入っていたカードによると3日間の死刑場見学会が開催されるという。

iDearoomさんお馴染みのデスゲームやーん!という感じです。
主人公の禄がローテンションで何もしないように見えて、宿泊場所をがんがん使って、恐怖で動けない人たちの行動範囲を広げていく。
自分が持っているチェックリストにある行動をしてリストを埋めるとゲームオーバー。ただし、その時何が起こるのかは書いてない。可能性の1つとして殺されるかもしれない?とは思っただろうけど、それが明確にわかったのは1人目の死亡者が出た時。
全体的に推理とかサスペンス要素が入っているので、そこの説明が多いですね。地味に追い詰められていく感じもあるにはあるのですが、個々の恐怖とか物語の盛り上がりは少々弱め。この時間で収めたんですから上々なのかもしれませんが、もっと人間の心えぐった感じの作品が作れるのを知っているだけに少々残念ではあります。首謀者が4人と意外に多かったのと、終わらせ方も結構唐突でしたよね。
禄あたりが恋人の陽色や兄弟(一段格下みたいな扱いですし)を裏切ってもそれはそれで面白かったような。仲間すら裏切る惨殺ゲノム。この4人は死者が出る命がけのこのゲームを何度もやっている雰囲気ですし、人間のDNAに刻まれた殺したいという欲求があるという気味悪さを出したいんですよね、きっと。
嶋を当て馬に禄と陽色が本性出すところは陽色はわかりやすかったですね、ギャップがあって。禄はその前の推理が、私が頭が悪いだけなんでしょうけど、こうおおっ!と思う感じではなく、凄さがスッと入って来ない内に上位に立った発言だったので、その発言もスッと染み込まない感じです。
名倉兄が嶋を刺すところは地味に好きです。彼の冷静さと弟刺されたことの苛立ちがすっとアクセント程度に入る感じがらしいなと思う。でも、泉田の時は兄が殺せず、誠児がやったらしいけれど、どういうこと?
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/1047-fc1f91eb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR