FC2ブログ

Entries

「青春のロスタイムに奇跡は起こらない。」 「Detective」

https://ut-orbis.booth.pm/items/834271

キャスト
「青春のロスタイムに奇跡は起こらない。」
【戸田 健太】DONA
【千葉 藍子】ごまちゃん
【柳  航平】流星★彡
【宮本 彩夏】ノア

脚本・編集:岩本流星
演出:そらのすけ
音楽:天音子(あまねね)

「Detective」
【マクソンス・K・アラバスター】
そらのすけ
【パトリシア・クラディウス】
きほな
【情報屋のニック】
天音子(あまねね)

脚本・編集:そらのすけ
演出:岩本流星 きほな

イラスト:op

※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
***
「青春のロスタイムに奇跡は起こらない。」
高校卒業をした戸田健太は高校時代ずっとサッカー部の強豪校の補欠だった。そのレギュラーだった親友の柳、自主練に付き合っていた陸上部の千葉、千葉と仲が良かった宮本、彼らとの青春の日々を思い返す。卒業式の打ち上げの日に宮本から、思いを寄せる千葉と柳が付き合っているという話を聞き――

最初に卒業式の日で、そこから高校生活の回想をして、また、今に戻って来るという構成なんですが、ここ難しいなあ(苦笑)あと、時間ね。1時間弱くらいあるんですが、上手く構成ずれば、たぶん半分くらいにはなる。ちょっと冗長かなという部分もある。あるんだけど、ここも難しい。
変にこなれた感がないのが良いなあと思っていて、儚い僅かな青春の甘酸っぱい(と言うと途端にダサくなるのは何でだ・・・)感じが出ているので、時系列順にシーンを並べても良いかなという気がしている。通常の場合なら、今→回想→今に戻るは良いと思うんですけど、この作品に関しては現在進行形で聴きたかったかもなあと思う。
で、それで言うとちょっと冗長な回想シーンも(生み出す効果が同じ感じの似たようなシーンがあるんですよね)、効率良く話の展開に直接関係するシーンだけ入れるとこの雰囲気が出ないかもなという気がして難しい。

メインで、かつ、感情の揺れ動きもあったから、というのもあるけど、健太と千葉役の人の言い方が好きでしたね。特に2人で話しているところ。
千葉は元気いっぱいの可愛い女の子で、でも、ちゃんと恋心と海外留学に心細くなる繊細な面もあって、健太も千葉が柳と付き合っていると聞いて自分の気持ちをごまかして声を震わすところとか、この感じ、声の出し方わかっている人は逆に出せないと思うんですよね。すごく良かった。と、訳知り顔で言ってみる。実際はどうなのか知らない←

あ、でも、彼らを見守る柳や宮本のコンビも意外に好きですけどね。喧嘩ップルな雰囲気があるけど、テンプレートな感じはなくて、これだから男子は……とか言いそうですよね、宮本は。そんなこと言い出しても普通な雰囲気。変に恋愛の雰囲気入れてないのが爽やかで良いなと思う。
柳は最後の健太を千葉のところに行かせるのがイケメンですね(笑)笑い方がいつも同じなのは今後変わると良いなと思います。今回の柳はそれでも良い豪快さと明るさがありましたけど。

音楽もシーンの雰囲気に合った感じに入ってましたね。これはオリジナル?

「Detective」
今日も私立探偵のマックスのところにパトリシアという女性からストーカーの調査の依頼が来る。

1つ目の話よりも短めで内容としてもそこまで複雑ではない。
ストーカーと思われていた人物は、だんだんストーカーと呼ぶには不可解なことが出て来て、最後に黒塗りの高級車をパトリシアがどこにでもある普通車と言ったことで、彼女を追いかけているのが誰かがわかる。
車を高級車と思うか普通車と思うかの違いがセリフだけでわかりやすくて良いなと思う。そこからのパトリシアの慌て方とマックスへの詰め寄り方もパトリシアの勝気なところが出ていて好きな部分(笑)
まあ、作品が短かかったから仕方ないですが、探偵ものなんで、少しサスペンスっぽい雰囲気で一回温度落としても良かったかなとは思う。少し波が単調ではあったので。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/1067-c0a13e6b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR