FC2ブログ

Entries

White Palace

https://mermaidxxxilxxxmare.wixsite.com/whitepalace

主人公の少女         小音
料理が好きな少女       あると
絵が好きな少女        日野愛音
本が好きな少女        hana10
少年 / 猫          有村まよ
おばあちゃん / 男の子   彩藤ほとり
孫              紗倉妃芽

 - 表題曲、劇中曲 作曲 -
 真島こころ 
 - イラスト -
 れん


※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り

***
少女は気がつくとある古城にいた。3人の少女に迎え入れられ、4人の穏やかで幸せな共同生活が始まるが、見知らぬ少年が現れ、ここにいてはいけないと少女に忠告する。

MERMAID + mareさんの作品は起伏があまりなく静かで穏やかな雰囲気のものが多い。少し物足りなさを覚えることもあるが、静かな作品を聴きたい時にわざと選んで聴いているので、その点では問題なかった。今回は真島さんのピアノ曲が都度都度挟まれていて音楽物語みたいな作風になっている。

半分わざとなのかもしれないけれど、少女たちの聞き分け、判別が難しいのが、うーん・・・という感じはする。今、話しているのは誰?みたいなことがよくある。一応、名前が明確についてないとはいえ、それぞれのキャラクターを分類したいので、もう少しわかりやすくしてくれると嬉しいかな。全体通してだとしっかり者とか少し物静かとか、賑やかとかと分けられているのはわかるんだけど、個々のシーンだとどれも同じに聞こえるときがある。
これも特徴だけどモノローグが多い。半分朗読みたいな感じが心地良いときもあって、不必要そうで必要なんだけど、動作説明くらいは言葉で説明せずに別表現にしてもいいかなという気がする(もしくはもう少しすっきりさせる)

主人公となる女の子が小音さんですが、さすがというかなんというか。3人の少女が動かなくなっていくときの泣き叫ばないけど、悲しみ、怒り、無気力といういろんな感情がぽろぽろ声の端からこぼれていく感じが好きだなと思う。ただ悲しいってだけでない気の強さが小音さんの少女の良さだなと思う。
最後の3人とのお別れがそれまで穏やかであった分、感情の高ぶりがやばいなあと。
音楽もあっていたし、演技もそれまでは抑え気味だったけど、ここで溢れ出る感じが良い。

そして、有村さんの少年がイケメンだったなあ。

MERMAID + mareさんはあとはトラックの名前付けだけ気をつけてくれると・・・(苦笑)トラック10以上あると10より後のトラックが1よりも先にくる現象が・・・
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/1125-2b351879

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR