FC2ブログ

Entries

Letter~天国からの手紙~

http://epro.ehoh.net/letter/

ソフィー : 浅見ゆい
キーファ : 春日祐希 / 汐瀬悠里

トム : 歩時

ハリエット : 霞月葵
エリック : シャム

ジョセフ : 海堂淳
スーザン : 犬神あう

マーガレット/トムの母親 : ミドリノハサミ
ビオラ : 藤摘ありさ

エキストラ : 中嶋有志


※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り

***
町外れに丘の上に死者へ手紙を届けることができるというポストがある。手紙にまつわる4つの物語。

最初は設定を説明しやすいわかりやすい依頼で、次に少々イレギュラー(手紙の送り主が生きている)、メインとなる当事者の兄妹に関わる手紙の話があって、最後に死者からの返事を書き始めたきっかけとなる話(番外)というきれいな構成だなと思う。

1話目の切実な思いを込めた手紙が天国へ届けられるのではなく、普通の民家に回収された時の瞬間的に最高潮まで達した罵りは瞬発力高いですね。

2話目の戦争が終わったら結婚しようって、最近ベタすぎてあまり見ないすっごいフラグだな、と(笑)婚約者が待つ男性の頭上に爆弾落ちてくる感じが無慈悲な感じが出ていて個人的には好き。話としては、記憶がある者がこれから思い出を作っていこうというのはエゴだと感じるんだよなあ。記憶がない者からすれば相手は赤の他人なのにいきなり一緒に時間を過ごそうと言われるんだから(最終的には改めて結婚してハッピーエンドだったから良いんだろうけど)

ソフィーとキーファの母親が金の亡者だった時が絵に描いたようなくそばばあ(言い方)で良いね!←
サイコパスな殺人犯を子どもに見せるなんて鬼畜の所業。そりゃ泣き叫ぶわ。怖かったんだろうなというのが反応でわかる。
キーファの声の感じは優しさと弾劾が同居している。
直接ひどい扱いを受けたソフィーよりもキーファの方が許さないとか母への恨みが深いのなんで?と思うけど、母への恨みを糧に生きてきたからだろうか。
だから、愛情をかけられるより自分たちの母から逃げ出した後の平穏な暮らしをそのままにしてくれたことを感謝するのか(ちょっと否定から遺骨を受け取るまでの感情が飛躍している気もするけど。どちらかというともう実際に穏やかな様子の死ぬ直前の母親を見たことによる感覚的な許しな気もする)

ちょっとシーンの合間あけすぎと感じる部分が散見される気がするかも。らしくなくて気になった。

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/1132-d8511469

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR