FC2ブログ

Entries

ゾディアック・レコード-黒の夢-「戦いの序曲」

https://www.zodiac-record.com/
CAST
【マスター・サナンダ】
小泉豊
【蛇遣い座・アイズ】
佐倉健修
【牡羊座・春間多々良】
平一貴
【牡羊座・春間明里】
美乃えり
【獅子座・ライオネル】
濱本大史
【射手座・アントニオ】
藤原シンユウ
【牡牛座・ジン】
井川直紀
【乙女座・ケイト】
加茂友美
【山羊座・ジェームズ】
谺 顕
【双子座・風斗遊星】
成家義哉
【双子座・風斗流星】
織田浩輔
【天秤座・ルイ】
丸藤祥
【水瓶座・ハロルド】
橘志音
【蟹座・シャルロット】
月詠深琴
【蠍座・セルゲイ】
土方翔平
【魚座・ヨハン】
佐藤悠樹
【ナレーター】
吉田健太郎
【イルミナーレボス・ブライト】
原田達也
【イルミナーレ幹部・ケイン】
オダケンタロー
【イルミナーレ幹部・エイブル】
小野達矢
【殺し屋1・デイジーカッター】
加山雄一
【殺し屋2・リカー】
吉浪斗二
【ワンダーラスト】
長野裕次郎
【ニキータ・キャンディガール】
ふなばしともこ
【D.O.A】
林恭子
【Dr.アシッド】
JuN
【バッドトリップ】
ゲス兄
【エンジェル・ダスト】
澄乃みや
【マドンナ】
渉ノ介。
【ファン・ラン】
丸山徹
【ユー・リン】
H∧Lまる
【シスター・オルガ】
大月潮
【オリバー】
ゆっか
【ソフィア】
高山真利
【モナ】
野中初音
【アンサンブル】
来太
堀江康輝
日吉峻也

※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り

***
アストラを使う異能力者アストロローグの戦いの物語。

序曲と名がつくくらいなので、大人数の登場人物の紹介と敵キャラ達が暗躍し始めるところまで。

いつもだとギルドの仲間たちが集まってわちゃわちゃしているので、静かな入りが新鮮な感じがある。サナンダと蛇?の会話が哀愁があって好きですね。
意味深なセリフを言ってからの疾走感のあるopの入り方がカッコいい。
爆発して瓦礫が遠くから落ちてくる感じの奥行きがある音の振りが好きですね。月光ギルドさんは前からそういう立体感のある音構成にこだわっている感じはありましたが、今回それがいかんなく発揮されている感じがあります。月影クリエイターズ作品よりも小回りな戦闘だからなおさら繊細さがいるのかもしれない。

ケインの荒くれ者風から頭が上がらない弟に怯えるへの切り替えが難しいなあ。ちょっと切替時に断絶がある。
エイブルが弟の顔してケインに甘えるのが兄を手玉にとる方法がわかってる(笑)鞭だけでは駄目なことをわかっているのが逆に恐いけど。
初っ端からサラマンダーズ・ギルドが暴れるのかと思いきや、最初に出てくるのが水のユニオンの2人とケイトなのは意外。車降りた後のセリフが、まるでケイト目線で2人を少し見上げて(逆光気味で)聴いているイメージがあるので、勝手に想像する絵面がめちゃくちゃかっこいい。
ジョジョ節が一番うまいのはライアンだと思う。
軍神の呼び方もかっこいいなと思っていたけど、アストラ呼び出すのもかっこ良かった。
たたっ斬るという多々良のセリフとナレーションによる炎を呼び出すアリエスの能力が結びつかなくて想像しづらい(キャラ説明を見ると刀に炎をまとわせているらしい。できれば作品内で必要情報は完結して欲しい。それか多々良が刀使っているのがわかりやすい効果音入れるとかかな?)
仲間が多々良の攻撃の影響受けてふっとぶのがなんだかかわいいな(笑)OPになかった分のわちゃわちゃ感をここで補給した感じがする。
ユニオン同士馴れ合ってる訳じゃなくてバチバチやってるのがかっこいい。すまんと言いながら下がれとはっきり言ってしまうセルゲイが声は荒らげないけど、けっこう喧嘩っ早い性格してそうだなと思う。
戦闘曲の入りがかっこいいから、ただ全体的に流すだけじゃなくて盛り上がりタイミング合わせられないかなーとか欲をかいてしまう。
片付けが面倒だとライオネルが言った後にそれを任せるシャルロットもセルゲイと同じそうだなあ(笑)(治療に行っているんだけどね)
明里の声が最初聴いたときから意外だったんだよね。別に丸っきり想像と違うという感じではないんだけど、もっとカチッと女の子!という感じか20代くらいにも聞こえる女性かなと思っていたんだけど、子ども過ぎず、大人にしては変に色気がないまっすぐな勝ち気さが残っている感じ。
明里を可愛いとさらっと言ってしまう多々良は素なんだろうなあ。
全裸で怒っているライオネルが想像すると確かにシュール(笑)でも、ちゃんと外出るときにはパンツはこうとするんだから、常識人なんだろうな(破天荒な人たちの中で常識人は苦労すると相場が決まっている)
ジンがこののんびりさんがあんな服装だとは思えない(笑)社長に対してきついのが無自覚なケイトがかわいいな。これでもたぶん社長のことは尊敬して慕っているんだろうけど。

遊星のテンションが想像以上にかわいかった。意外にザ子どもって反応するキャラが少ないから。(ハロルドの力使っているときは無防備になるって、これは今後のフラグだと思っていいよね?そこにルイが助けに登場するとか想像するの不可避だと思うんですが)
でも、幼女の可愛さは別枠。モナがかわい過ぎてどうしてやろうかと。そのモナへの呼びかけるシャルロットも上から目線ではなく同じ目線になる感じで話しかけるから自然と年齢下がって少女のようになるのが品の良さが現れたそれまでとはまた違った可愛さがある子どもに好かれてないっていじけるセルゲイもかわいいし、オンディーヌ・ガーデン可愛すぎか?(かわいいを連発している気がするのは気の所為だろうか)
でも、シャルロットとセルゲイだけの落ち着いた会話の中にも戦闘的な性を垣間見るギャップも好きです。

敵キャラたちが結構な数がいるけど、一同に介しても聞き分けられるのは良いですね。
デイジーカッターが真面目な感じになるとリカーに寄ってしまうのは少し怪しいけど。D.O.Aたちが出てきてからテンション上がってオカマの本領発揮しだすと問題ないんだけど。リカーが自分のことをリカと呼ぶのがなんだかツボ。
D.O.Aの笑い方も純粋な邪悪さが現れていて好き。彼(彼女?)が率いるマイラ・カルテルのやり口は後のオンディーヌ・ガーデンの襲撃でわかるけど、えげつない。それを端的に表してる感じがする。
あ、一応文脈とセリフの中にちゃんと情報はあるけど、欲を言えば聞いた瞬間エイブルとわかる何かがあると良いなあとは思う。このシーンでは動きがないから把握しやすいけど、いろんなところに顔を出す上に、声自体は薄味で、かつ、場所によって話し方変えるから。できる限りキャラ把握にストレスがない方が良い。
リカーの能力が水を操るなんて多々良の能力との対比関係にあるからもはや因縁の敵扱いだよね。
多々良の瀕死だけど必死な感じが良いなあと思う。平さんはラピス交響曲のイソラもそうだけど、少年漫画の主人公の王道から一歩平凡に逸れているのが良いなと思う。感情に歩み寄る部分がある。多々良とまだわからない状態で、他の人は避けている大怪我をした人に近寄ってくるなんて明里は日本人だからってだけじゃないお人好しだし、何言ってるのかわからなけどヤバそうな事件に首突っ込んでそうな人間から相手が必死に守ろうとしたからって預かりものするなんて本当に男前だなー
オンディーヌ・ガーデンが襲われて、ヨハンが泣きそうになりながら必死で救援要請するのが本当に子どもたちが大切な優しい青年なんだなと感じる。セルゲイもわかりづらいけどたぶん子どもたちが好きだから、操られているとは言え自分が手にかけてしまうのは本当にえぐい殺し方をする。
立体的な動きの音は流星の能力で何かを交換する時にも発揮されているなと思う。シンプルな能力だけど、理解できる程度にやれなくもないかもしれないけど、効果音だけで感覚として違和感なく交換を把握できるのはなかなかないと思う。
攻撃を受けて兄を先に心配している流星は無関心に見えてやっぱりブラコンなのではと思ったりする。どうして弟の流星がレコードを受け継いだのかと思うしねー流星の方が優秀だったのかそれ以外の流星の選択があったのかとか想像してしまう。

それぞれのキャラの説明なんだけど、思った程説明しすぎず、ちゃんとドラマの中に説明入っている印象。月光ギルドさんは作品を重ねるごとにきちんと改善してくるので、次が楽しみ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/1133-50bbc07a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR