FC2ブログ

Entries

永遠の愛〜阿国・山三

あ・うん♡ぐるーぷ 第三回公演

●出演
野村祐希
西崎 緑 ♡ 大竹一重 ♡ 四天王寺紅 ♡ まるのめぐみ
鎌田ひかり  坂本三成 水野駿太朗  蒼木 龍  中山卓也
花奈 澪
丸山正吾  田中 翔  野々川 護  佐々木 健  富山 健  金子辰一郎   
紅じゅんこ 若菜  中牧由美  璃娃  宮坂公子  音羽美可子  水川華奈
寺田真珠  小原卓也  沖田幸平  たつみげんき  原口 孝  神崎りく 
井坂 茜  酒井優衣  稀咲ここ  小澤舞里子 さわだ木乃美 里見千尋 
糸永真衣香  浅野友梨香 岩崎虹輝
伊吹吾郎(特別友情出演)


※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り

***
京の都にてその舞で一世を風靡する阿国。亡き主君の敵として秀吉を討つためにやってきた山三郎は、自由奔放で権力に屈しない彼女に惹かれていき・・・

フライヤーのピンクでキラキラした雰囲気を見て、どこの田舎のスナックだ・・・と思わずにはいられませんでしたし(口が悪い)、永遠の愛ってラブロマンスか・・・と頭を抱えながら、好きな役者さんが出ているからとりあえず観に行くか・・・と思って観に行きましたが、蓋をあけてみると、まあ、確かに恋愛しているし、痒くなるようなセリフもあるにはあるのですが、どちらかというと強く生きる女たちの姿の方がボリュームもあって、印象に残っているなと思います。どんな苦しくて悲しい時も、広がる空と光を照明に大地を舞台に感情のままに踊れば、自然と笑って生きる力が出てくる、そういう印象なんですよね。

男性陣の殺陣もかっこよかったんですが、踊っている時(つまりメイン女性)の方が圧倒的にぐわって来るというか、やっぱりメインは女性かなという気がします。そういう意味では、男性が弱かったというのは残念な点なのかもしれませんが(そんな魅力的な女性が愛する人たちなんですから)殺陣は剣戟の音とか入れないんですね。まあ、そういう演出なのかな?音入れて騒がしくすれば良いってものでもありませんし。
すっごいごちゃごちゃ大騒ぎして明るくするというのは簡単で、それが好きな人は好きなんでしょうが、体力がない私はそれをやられると疲弊してしまうので、コメディ・ギャグ系の舞台はあんまり観に行けなくて、これもちょっとそういう部分があるのかな?(人情を押し出した表現とかしそうだな)と危惧したのですが、テンポとしては自分には合っていた気がします。着物なのでそこまでバタバタできないですしね、動きもタンタンタンという断続的?拍子がありそうな動きと違って、流れる継続的なものなので、スルスルスルーという感覚で、確かに抑揚はそこまで大げさに付けられないですけど、観てる側には負担が少ないなと思います。最近すぐ疲れて貧血になる私でもあんまり消耗せずに見れた。
その上、SNSでも書きましたが、ひとりひとりの笑顔の強さや重さがあるんですよね、ひとりひとりが照明なんじゃないかってくらいに、笑顔で元気をもらえるってこういうことなんだなと。
女性たちが多くて、阿国と葛城の弟子たちがその他大勢として描かれるのかな・・・時代劇あるあるかなと思っていたけど、意外にそれぞれ個性があるし、先に書いたように、メインじゃなくても力抜いてないし、私が顔と名前を覚えるのが絶望的に駄目だけど、ちゃんと判別できたらもっと楽しかっただろうなあと思う。
さくらと阿国の弟子・・・花?かながきゃっきゃしているのが、可愛いか!というか、自暴自棄で死のうとしたり仇討ち諦められなかったりぼろぼろのさくらを受け入れる阿国の弟子たちいい子たちだなと・・・と。
踊りのことはなんにもしらないけれど、つまらないということはなくて和製ミュージカルだなんて、歌舞伎になぞらえて思う。踊り有り歌有りだし。清次郎が女性的なやわらかい動きをするのが、男性が女形をやると女性以上に女性らしくて美しいと言うけど、それに近い美しさを感じるなあって後からパンフレット見なおしたら、プロの方でしたよ、やっぱりか! というか清次郎なんて役名どこに書いてあったっけ?と思ってたよ!
阿国は失礼承知で言えば、ヒロインとしてはお歳が・・・セリフを聞くからにそこまで若くない設定?とは思いつつ、でも、おきゃんな感じとか力強さとか、笑顔が強いというのもやっぱり阿国が牽引していたなと思います。人生捧げた踊りを捨てても山三郎の生還を祈ったというのは少しえ・・・と思いましたが、最後に本当に山三郎が死んで、帰ろうと言うのは、解釈しきれてないところはたくさんあるけど、泣き崩れて彼を呼ばなくて良かったなと思う。踊りにしても恋愛にしても別に何かに寄りかかって依存するのではなく、感情感覚のままに愛しているだけで、だから、彼女は自由で強いんだろうなあと。山三郎を愛したけど、彼に支えて欲しかったわけじゃない。
それで言うと逆に山三郎が阿国に依存していた感じは無きにしもあらず(依存ってほどではないけど)山三郎はね、涼やかな声が通る人だなとは思ったので、役柄的には役者さんは合っているんだろうと思う。ただ、最初の殺陣?踊り?しかり、周りが重く姿勢・型を決められる人が多すぎて、ポーズが決まりきらないふんわりした印象が初っ端からあり(でも、そこまで軽い印象のない知っている役者さんさえちょっと軽め?と思ったからなあ)2016年デビューだとやはり他の方は年季が違うのか・・・と思ってしまうのでした。他の舞台だと別にそんなこと感じはしないんでしょうけど。でも、ぼんやりと言われるくらいの役だから、これくらいが良いのかも?
女性がバチバチやっているのはうげ・・・と思うんですが、葛城さんはいい感じにプライドの高い舞手でしたね。型破りでかぶく阿国とは真逆に王道を突き進む。でも、恋を捨てて芸事ですべてを捧げる彼女も別に普通ではない。
阿国が踊って誰もが呆然とする中で、誰よりも早く拍手する姿は、舞手への敬意と礼儀がちゃんとあって、技術だけではなくて人としての立ち居振る舞いや精神性をちゃんと磨いてきたんだろうなあと感じる。まあ、なげやり感のある拍手には嫉妬も垣間見えてそこが人間臭いなとは思いますが(笑)
山三郎が毒にやられて手を尽くした後に阿国のところまで送り届けたのも、山三郎がいとこだからそこまで恋愛対象ではなかったというのもあるけど、自分に心が向いてない男に対してのさっぱりした感じが粋だなと思います。媚びないへつらわない、しゃんとしている。
そして、淀様が美しくて、生気に満ち溢れてて好きだな(笑)男勝りに袴姿で闊歩するのも、阿国にぴしゃりと言いつけるまさに気位高い姫という感じも、裏側で楽しげに権力に振り回される男たちを笑うのも表情がころころ変わって、でも、きちんと決まっているというか、観に行ったことないけど宝塚ってこんな感じなんですかね。だとしたら、女性陣が同性である彼女たちにいれあげて通う気持ちがよくわかる!これは惚れるね!豊臣が残っても徳川が残っても自分の生家の血が残る。最後に笑うのは血を残せる女だという単純な男勝りではなく、女というのを最大限利用しているのが逆にかっこいい。負けてばかりも嫌だけど、自分が認めたものも評価し最大限援助するというのも粋ですよねえ。やっぱり惚れる←
大牙は本輔とふざけあっている時も良いけど、瑠璃華に頭上がらないながらも男の顔を見せたり、山三郎が今際の時にそっぽ向いて涙に耐えている人情味があるところとか表情が豊かだなと思う。
福島は堅苦しいだけかなと思ったけど、阿国の言動に苦虫をかみつぶすような顔をしたり、晴れやかな秀吉の様子に顔を緩めたり、意外に表情を変える。朱蔵はもう最初がかっこよかったからもういいやと思わないでもないですが、セリフが単発だったから、彼の中身が見えづらかったですけど、もう少し会話があったらまた違ったのかなと思わないでもないです。どうなんだろうなあ、伊賀の再興だけが彼の悲願というかプライドで、「個」があまりないのかもしれないな。他の伊賀のものは、忍び以外に生きる場所を見つけたり、仲間の幸せを願ったり、自分の激情に任せたり、結構個人的な思いで動いている気がするけれど。
清子と瀧子が王道の女の家柄での争いをしているのもそこまで嫌な感じではないんですよね。なんでだろう。やっぱり品の良さがにじみ出ているからか、暴言で罵り合うのとは違う雅さがある。他人の争いは見ていて楽しいという面は確かにある←
夢子とくす先生はコミカルで、賑やかしをしたり、でも、真面目なところは心強かったり。時には道化として、時にはその技術能力を使って、みんなを助けて、女1人生きていく先駆けみたいな彼女たち。でも、偉そうなところは少しもなくて、出てくるとはくすっと笑ってしまう。

観に行ったことがない私が言ってはいけない気がするけど、時代劇と大衆演劇混ぜたような作風なのかな?恋に落ちるのがあっさりすぎないか?とか、セリフの展開が作ったような感じだなとか思うところはあります。それが時代劇というものだ、◯◯風味の演出だ、というのもあるかもしれない。ただでさえ、現代劇でもそこまでかっちりしたものを普段見てきた訳ではないので、私が普段観てきた舞台だったら浮くような演技の仕方なのかもな、だから、どこでも正となる演技という訳ではないだろうなと思うけど、ちゃんとカッチリ決め決めの演技を学ぶっていうのも必要なのかもしれないなあと、最初に書いた笑顔(表情)の強さを見ると素人ながらに感じます。普段はやらなければ良い話で、でも、いざやらないといけない時にできるできないでは結構差が大きい。

私には合っていたけれど、基本全体的に起伏が少ないから、人によってはつまらなく感じるかもしれない(わからないけど)漫画アニメ映画ミュージカルのようなバリバリなエンターテインメント性はない。それが良きところでもあるので迎合しなくて良いとは思いますが、平日とはいえ、席が舞台のこの中身にしては寂しいのはそれも原因かなという気もします。ちょっと残念な気持ちにはなりますね。もう少し埋まっても良いんじゃないかって思うんですけど。
あらすじ・フライヤーと中身の差よ……

最後に写真撮りたかった!!!(うるさい)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/1138-f4814d71

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR