FC2ブログ

Entries

正邪ノ応酬

http://generaldog.net/seija/exchange.html

【キャスト】
リドワン : 天合 正太郎  小羽 : 結崎 有理  ペネムエ : 藤堂 れんげ
黒月 亮  にいや  ひげ太郎  マキノ

【スタッフ】
企画・脚本・編集 : 犬将軍


※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り

***
百年に一度現れる悪神を倒す救世の勇士として異界に召喚された少女子羽は、従者リドワン、魔法士のペネムエと悪神を倒す旅に出るが、やがてこの世界の悪神の真実を知ることになる。

長めの作品が多いジェネらドッグさんの中では比較的風呂敷を広げ過ぎずにまとめているからとっつきやすいかも?
結崎さんのなまりが可愛い。ねーと伸ばすのとか。
けなされても、最初もマイペース
なのに、突然の元の世界を見限っているが条件というぶっこみ方。そうだよね、ジェネラルドッグさんがただで終わらないですよね。
優秀だし!が可愛いなあ、ペネ。何か手伝わせる時に、当然のように嫌だとか言うのも。
それに対して、リドワンが声の抑揚変わらないのに、明らかにイラついているクソガキが、腹黒いところチラ見せしてるよね(笑)
試練なんであっさりさせたんだろう?試練内容がそこまで明確に描かれてない。過去を見せ、それを乗り越えさせることなんだろうけど。
姉の話をする時にそこまで絶望しているように聞こえないから、そこまでその話で雰囲気が落ちることがない。シーンに時間をかけすぎることがなかったので逆に良かったかも。
確証がなくても信じるのは自分が信じたいかどうか。
目覚めた小羽と小羽に出会ったペネが号泣しているのに対して、準備しなかったらクソガキと言ってたのにリドワンが優しい。
異世界からの勇士の召喚は生きたいと思わせる勇士への救済でもある?なのに、そういう変化をもたらした後に悪神の代わりにさせる残酷さ。
任せてというペネが幼女みたいだったのに、ちゃんと男の子。
最後の勇士の言葉は、悪神になることがわかっていて我を押し通したのは前の勇士も同じなのかも。
報酬として1つ何かを持ち帰ることができる、魔法道具は効果が消える。伏線をちゃんと拾っている。
リドワンの何を言っているのかわからないの声が優しい。口癖だった、あなたという人は、も。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/1151-97ba94b1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR