FC2ブログ

Entries

ゆめの鬼、うつつの鬼

笠間淳
上川瑞歩
梶原岳人
上西哲平
関俊彦
上久保英里
cassisO 蓮司
矢尾一樹
小西駿貴

※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り

***
長い作品を比較的聴いているせいか50分くらいの作品だとそこまでは深掘りできないなというのが前提として自分の中にある。
語りから入るのは別に変なことではないし、でも、そういう前提があるから結構意外に全体的に淡々と平坦な作風だなという印象だった(時々ハイテンションなキャラがいるけど)それが違和感だった。これで50分に収まるのかな?と。
先に書いておくと、私個人はこれは50分の話じゃないと思う。正直。
メインの5人が全員昔からの知り合いって設定はこの話にはそこまで必要ない気がする。
特別変な説明がなくても全員あああれのことねで終わらせられるから短縮できるというメリットがあるけど、本当に大事な主要部分でその短縮が活きたところはさほどない(と思うんだよなあ)
1話に収めようとしつつも、1話をとびだす感覚。それを技術力不足…とも言えるのかもしれない。最後の方に変なテンポの上げ方があって、あ、これは時間内に収めるために駆け足始めたなあと思った。
でも、50分の力ではなくてもっと広い世界を描く力で書いたなら私は逆に良い脚本家を選んだなと思う。だから、有名な声優さんを使ってる割に良くも悪くも商業っぽさが薄い(と書いたものの、同人と商業分ける必要もないし、有名な方が出てても同人はあるし、この作品がどちらのつもりなのかは知らないですが)

セリフがしゃべり言葉ではない感じの時がある。だからなのか、なんとなく全体的に小説の短編読んでる気分に近い。もっと説明台詞が多い作品も多いから特別地の文っぽさが強いという訳ではないんだけど、なんだか作品の雰囲気・構成が感覚として小説っぽい。音声の作品っぽくない感じがする(感覚です←)
だから1人語りに違和感はない。

作者は火野が好きなのかな?彼がやたらピックアップされている。人として深掘りされているのは彼くらいでは。劇団の役者が死んで冷淡に怒るところとか、好青年風に見せて喧嘩っ早い感じ、その分情に厚そう。個人の設定としては安倍も描かれているけど人間性はさほど。
火野を特別目にかけたのか、それとも、本当は皆もっと描きたかったけど、感情的で行動力がある火野が動かしやすくて時間的に結局彼だけ深掘りすることになったのか。

火野と木之本の声の語尾がなんか耳に残る声だなあ。そういう声優さんは別に珍しくはないけど、必ずしも皆がそうじゃない。

細かいところだとVtuberって今時な設定だなと思う。ちょっと古そうな作風の中に出て来るVtuberの一言がすっごい浮いている(良い悪いとは関係なく)
これは単に気になっただけだけど、「水に流す」と「見ずに流す」ってかけてたりするのかな?(笑)たぶんセリフとしては後者だと思うけど。

というか5人の名前からして、繋がりがただの同級生だけではない繋がりを妄想してしまうよね。単に関係性のある名前が作者が好きってだけかもしれないけど。
本当は5人には深い縁があって、みたいな続き方すると面白いけど。別に前世で云々とか家が云々とかじゃなくて良いんだけど、そういう要素を踏まえた謎解きというか事件解決とかしてくれると面白いなと思っただけです。たぶん無理だろうけど。

鴨志田は長い年月をかけた悲願を叶えたり、妄執が崩れ落ちたんだから、もっと吐くような衝動を見せる方が個人的には好み(好みの演出の違いかな)あんまり作った感じがない老け方というか異様さは好きです。
安倍は変に女性好きそうな感じには寄せず、思ったよりあっさりというか地味ながらもミステリアスなのは良かった……というかほっとした(苦笑)女性向け作品並のねっとり感で来られたらどうしようかと思った。

鬼の説明で怒りや嫉妬の鬼がいるという説明をして、最終的に角という見た目ではなく嫉妬という情念が人を鬼にしたというまとめ方は好きだな。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/1170-9dfb2360

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR