FC2ブログ

Entries

エガオワラウ

しみくれ#9
「エガオワラウ【赤】」

※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り

***
各所に微妙なニュアンスを入れていた上に台本がなく記憶力の悪さゆえにところどころ曖昧なので、取りこぼしが多いという前提で。

最初からあきらが一番ちゃんと会話しているように思った。他の人たちは 割れ物に触れるような歪な会話をしている。それは公開された台本からもなんでこんな断片的ななんだろうと思ったから、台本の印象そのまんまの会話とも言えない会話。
唯一ちゃんとした会話にしてその張り詰めた糸を緩めたのがあきらだった。 須藤は何で最初好意を向けていたかおりをいきなり罵倒し始めたのかと思ったら、自分の女扱いなのか、好きな子いじめたいタイプなのか。色々見てると後者のような気がするから気持ち悪いな(笑)
奥さん?母親?を斡旋してやるという教頭の話だったけど、彼がほしかったのは母親か奥さんか。彼自身子どもっぽいところがあるから母性的な奥さんがほしかったのか。でも、意外に連れ子は本気でかわいいらしい(あれだけ露骨な発言して、こどもが可愛くないですか?の問いのもちろんが嘘だとは思えない)意外に自分とコミュニケーションとることに苦労している子どものための母親がほしかったのかもと思ったり(たぶん父親との関係性が悪いから、息子もいじめとかしだしたんじゃないのか)出てきた時にかおりの道案内?に対して、ちゃんと示した方を確認する動作をしていたから、コミュニケーションをとれる人だというのはあまり疑ってない。何かしら理由があるはずの彼の言動の意図を汲み取るのは大変だけど。でも、かおりの説明は用務員っぽくないんだよなあ。用務員なら説明もっと慣れてそう。普通に東西南北で説明する?入り口入って右です左ですと説明しないだろうか。普通の人はすぐに東西南北だとわかるかな?それとも村の人ならすぐわかるみたいな村あるある?
最後の告白のなぜ断られた?だったかの間が個人的にはちょっと中途半端で最後の最後に詰めが甘いかったかなという気がする。そこまでは間の使い方が好きだったんだけど。
だから、一見コミュニケーションができないように見えて、先生方よりよっぽど会話しているこの人とあきらとの会話がどうなるのかなと思ったら、やっぱり受け取り方とアウトプットが自己流なだけで、相手ありきで会話するのは同じらしいという感想。縛られているのを最初ほどくのが嫌だといったのは須藤が趣味だと言ったからその邪魔をしたくない(関わりたくない)と思ったから、次にといたのは本当に須藤が助けて欲しがったから。
たかしは最初情報不足だったからなのか、役者さんがスロースターターなのかという感想を途中で持つ。最初は常識人のように見えて言動が狂っていて、面白い役なのに役者さんが生かしきれてない印象だった。 理不尽かもしれないけど、これだけ作品としても役柄としてもお膳立てがあるなかで見る人の息を止めるような鋭さ、鬼気迫る空気が薄いなあなんて思っていた。
でも、最後の教頭との対決にはそれがあった。意図してここにピークを持ってきたのか、これまでの積み重ねで感情が高ぶったのか。計算で演技する人に見えないから(予想です)後者かな。あきらと違って自分でトリガーが引けないのは、役者の技量なのか、役のせいなのか。あきら役の方は別の舞台で見て好きな役者さんだったからこの人が糸の調節ができるのは役者としての技量なのだと思ったけど、最後のどんでん返し、一番の黒幕だった時点で、もしかして、役柄も関係するのか?と思ってしまった。
一番最初に一息入れる?切り替えが発生するシーンは、たかしが開いてる焼却炉を覗き込んで、何もないことに少し自重する?狂う?ように笑って、曲が流れるところなんだけど、あそこまで役者皆に押さえた演出つけて空気をそろえた後に、その切り替えはちょっと安直過ぎないか?とは思う(あそこのたかしの笑い方もちょっと中途半端な感じの印象を受けたからたかしにも活かしきれてないという印象を抱いた)
導入はちょっと演出の精度が低いな感じるところがちょいちょいある。ゆうこの例の部屋のドアの開け閉め忘れてるし。朝イチだから頭と体が起きてなかったのかもしれないけど、脚本に感じる書き手の世界観とこだわり?に比べると演出の精度が低いなと思った。 だから、途中までは、たぶん主宰者さん?のメインが脚本家なら演出は別に誰か立てた方が良いのでは?と思ったけど、進むにつれて本当にセリフ毎に細かな独特のニュアンスを入れてくるから、それを理解して脚本に忠実な演出家を見つける方が大変かもとは思うようになった。一番理解している書き手が演出つけた方が良いかもなと見終わった後は思う。演出のオリジナリティ入れるのが難しそうな気がする(と書いてから見たら、演出家でした・・・そちらがメインか、うむ、私の見る目がないんだろうな)
教頭の聞くからに表面的な話し方がきれいで好きだけど、最後のまるで不良少女のような非難も好き。たかしの糾弾に対して、自分の傷を抉られて(売春以外に教頭になるまでに人間の醜い部分たくさん見ただろうし)幼児化?でも、兄への依存を見ると本質は少女、妹なのかもしれない。 弥生の上級市民とえたひにんの発言が、ここが村という閉鎖空間なんだなとよくわかる。 子どもが生まれたあとは、丸くなったから、無邪気な差別なんだろうな。意図的に常識を説く人間たちよりもまだかわいいと思う。あと、彼にそこまで極度に忌避感がないのは、悪意で中を取り持つんだよね(日本語がおかしい認識はある)善意(ではないかもしれないけど)でとりもつのが、
あきらと真琴。この人は悪意で断片的な会話しかできない彼らの間の会話を成立させている。そういう緩衝材的な役割だから、案外嫌いじゃない。他の人にあるような謎な不気味さがない単純だからというのもあるけど。
たかしの殴る行為が意図的に問題を起こそうとしたというのが・・・いや、わかるよ、論としてわかる。わかるが正直整理ができていない。ここが実は一番台本見たいところ。彼の暴力は精神的に壊れかけたためにやったことなのか、そういう理性的な部分があるのか?たぶんどちらもで、部分的に比重が変わる。その比重の変え方とどこで変えているのかを確認したかった。
ゆうこの首を締めたのは、この狂った村から逃がすために意図的にしたことだというのはわかるけど。
最前列下手端っこにいたら、ソファーの壁側の部分が見えないけど、あれは見切れ席にならないんだろうか?(見切れ席の定義がわからないけど←)これじゃ見えないなあというのを認識して座ったから、クレームにする気はないけど(というか、見えないよな?というのを確認するためにそのまま座ってたらやっぱり見えない)純粋な疑問。
大久保はなんであのキャラなんだろう?須藤とキャラがちょっと被ってる。 村の出だけど、役所に勤めたなら、あそこで唯一か唯二(ゆうこが一応いる)の外の世界の人。本当は一般常識を持ち込む人で、村の異常さを糾弾する人では?(一応してるけど)ああいう性格と言われたら、そこまでだけど。おもしろいし、好きなキャラだけど、この物語に対してこの性格である必要性をあまり感じないから違和感があるんだよな。
真琴も中をとりもつというか、あきらと弥生と同じくくりなんだけど、なんかちょっとそこと雰囲気が違うんだよなあ。二人はそれが役割みたいなところがあるけど、真琴はもっと自然な感じ。 最初の弥生に対しての愛想笑いと睡眠不足やロシアの人体実験の話は演出の領域下にあるけど、それ以外は自由な印象。全体の雰囲気をそろえる演出な気がするけど、彼女だけちょっと演出に比べて自然・素朴な感じがある。それが良いのか悪いのかわからないし、あってるかもわからないけど。
あきらが例の部屋にいるのが好きとなんどとなく言っていたけど、事件がおきたのは確かに全てあそこだなあ。かおりの父親が死んだ場所。もしかして大久保の妹だってあそこでどうこうされた後に焼却炉で燃やされたのかもしれない。それに教頭とたかしがやりあってる時も彼はドアの前で動かなかった。あんか薄い扉一枚で、部屋の外の様子なんて丸聞こえのはずなのに。どうして彼はずっと動かなくて、出てきて初めて知ったという顔をしたのか。というのはなんとなく気になった。でも、聞こえてなかったという設定なんだと思ってしまった。
かおりのずっと同じところはいているなあと思ったら、それも設定の一部らしい。役者を下手に動かさないようにその場にいさせているのか設定上のものなのかどちらだろうと思った。それが設定なのだとわかって、結構動作や発言に細かく設定入れているんだなと思ったから、どこからどこまでが設定なのか、ただの人としての動きなのか、舞台の都合なのかと考えてしまうようになった。

巧拙も大切だけど、正直、巧拙なんてある一定のレベルを超えたらちゃんと勉強しないとわからない。その団体だから見られるものがあるかどうかも大事だと思っているので、それで言うなら、見たがる人が多いのもなんとなくわかる。

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/1184-e1868beb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR