FC2ブログ

Entries

Fool'sParadise

http://homepage1.nifty.com/VOICERS/silvy/index1.htm

企画
VoiceDramaFactor Silvy

原作・脚本
彪峰イツカ


監督・編集・演出・効果
海堂 淳
(VOICERS)

音楽
柚木 和也
煉獄庭園
TAM Music Factory

OP
FLUORITE LILY
「self-blinded」


ED
コタキマキ
「僕と君と青の道」


キャラクターデザイン
いずみ由羅


CAST
轢: さかと
Azure: 笑兵衛
マオ(1、6、8、9話): 海堂 淳
謎の組織の男A(1、5話): 羽田 共
謎の組織の男B(1、5話): KAZUMA
轢の父(2話): 白井 辿
轢の母(2話): 柊 莉杏
少年時代の轢(2話): 桐矢 伊里
露店の老婆(3話): 織山 カヨ
スワン(4、5話): 小鳥遊 える
謎の組織の男C(9、10話): 望月 武
謎の組織の男D(10話): 関 比呂
シェン(10話): 本諏訪 壱護
語り: 片岡みちか
またもキャストに釣られ、だってさかとさんと笑兵衛さんだよ?

天涯孤独の身である轢が行き倒れていたAzureを拾って、彼を追う集団から逃げる話、で良いのかな。
でも、ほとんどは逃亡の中でも2人が穏やかに暮らして、その中で彼らの過去が語られる構成になってるから、ドンパチやってたの最初と最後くらいじゃないだろうか、途中で襲われた際にAzureの思考の異常さが出てくる所があるけど。
でも、それが返って良かったかなとは思ってる。やっぱりこういう話って心の交流よりも事件の方を優先させるところがあるから逆にね。

でも、伏線のようで伏線でもなんでもなかったところとか、むしろ、伏線を張っといて欲しかったところとかがあるかな。
前者は例えば殺しが嫌いな轢がAzureを簡単に許してしまった事を強調してたから何かあるのかと思ってたら特に何もなかった。
後者はその轢の何よりも殺しが嫌いというのをちらっとだけでもどこかで言っててくれると有難かったかな。でも、先に書いたように特にAzureを許してしまった事に何か事情があったわけでもなかったけど。あとはAzureがクローンだった事かな。戦争があったんなら例えば人体実験してたとか何かしらの実験してたとかといった流れでクローンの話もさりげなく出せていたら良かったのかなと。まあ、人間に代わりがいるというくだりで予想すべきだったのかもしれないけど。

最後もなあ、有りだとは思うんだけど、唐突なのと、これまでの流れからその結末になるのはどうなんだろうかとは思ってしまうよね。唐突にAzureが死ぬのはまあ良いんだけど、例えばAzureとの出会いで轢が何かから立ち直るという物語ならAzureとの一時だけの暮らしという事でこの物語もまとまるんだろうけど、死なせる事に意味があったのかな。んー、まあ、結局、青空のある緑の豊かな地に行く事になったのはAzureがいたからだから、そういう意味で意味があったのかもしれないが、この辺りは少々もやもやしている。

笑兵衛さんの少年声は良かったなあ。ただ、あれを男だとか青年だとか言うのには違和感が……(苦笑)流石に言えても少年かな。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/149-b19103fc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR