FC2ブログ

Entries

momonoji

http://spiralspirit.net/momo/
桃太郎:高野ぱぐ
犬飼仁:樹透音
楽々森智:ひげ太郎
留玉勇:武田恵瑠々
温羅:黒崎キリト
司書No.41:嶝崎ミツキ
監視官No.29:天合正太郎
いくらやり直しても幼馴染の温羅は鬼になり、最後には彼を討つことになる桃太郎のお話。そんな物語を変えたくて、物語の管理者司書No.41は本の書き換えを行うが……

繰り返す内に温羅と桃太郎の過去の記述がないこと、桃太郎から彼の昔の記憶が消えている事がわかります。
最終的には、温羅は周囲の期待から受ける重圧から生まれた桃太郎の負の感情だとわかります。だから、温羅はいつも鬼になり、そして、約束通り桃太郎に討たれる。それが温羅の存在意義で、幸せだったから。
この作品は珍しくCM聴いているんですよね(いつもはほとんど聴かない)そこで、主題歌のめぐるを聴いて、あの曲かわいくてほんわかして好きなんですが、温羅がやる事は結構容赦ないんですよね。おじいさんとおばあさんの血で作った酒を出したり、最後には彼らの頭を煮込んだ味噌汁を出したり。それこそ鬼の所業。
物語が繰り返されているとわかった時、次に望みをかけて、終わらせるように言った智凄いな。頭いいというか達観しているというか、繰り返し前の記憶ない自分に託すなんて普通出来ない事だと思うけれど。

悲しいお話だと言われたあの物語は温羅にとっては幸せな結末だったけど、本当はもっと幸せな結末があると最後には知る事が出来れば良いなと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/733-d62ad3d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR