FC2ブログ

Entries

太陽ノ還ル惑星

https://st600129.wixsite.com/taiyounokaeruhoshi

【cast】

テル / アマテラス / ツクヨミ … 鷹臣
チハヤ / スサノオ … 藤間みずき
ケン / オモイカネ … みや。
リコ / イシコリドメ … 緑風音
サラ / フトダマ … 結内狼
アマネ / コヤネ … 半田尚樹
メノウ / ウズメ … 謝花ゆうき
オウ / タマノオヤ … 浅沼諒空
リキ / タヂカラヲ … 山口和将

小豆戒斗、神楽坂清一朗、紗倉妃芽、
ツキノベ、額賀拓実、美鈴、綾瀬桂吾
古い時代アマテラスオオミカミが統治した時代の幸せな日常とそれが壊れた悲劇の記憶。
その記憶を抱えながらも忘れている子どもたちは、有毒の霧に覆われた星に不時着した船の中で、ひどい副作用を与える薬で命をつないでいました。そして、彼らはそんな運命から逃れるために地球へと戻るために脱出計画を立てたのでした。

古い神話のような国のお話と宇宙のある星で生きている子どもたちは関係性も、その人間の性質も2つの世界で共通のキャラクターがいるのですが、なかなか場面転換やどのキャラがどのキャラとリンクしていてとか、把握にまず時間がかかりますね。丁寧に名前を呼ばせてくれてはいるのですが、やはりギブアップしてサイトを見てしまいました(苦笑)
遊玄堂さんの単位は1人ではなく、2人なのでは、と思うくらいに恋人や夫婦、兄弟、親友、何かしらセットとなるというか片割れ的な存在がいて、だからこその安心感、だからこその引き裂かれた時の苦痛があるなと思います。
だから、ケンとリコとか、サラとアマネとか、メノウとオウとか、そして、古き時代の彼らとかは好きです。
リキとタヂカラヲがメノウ / ウズメ に振り向いてもらえなかったのは、中の人が山口さんなために撃墜王の孤独を思い出してしまって、どうしてもセットになれない方なのかな……とか思ってしまってごめんなさい←
それを言うとテルも強い繋がりの人がいない分ちょっと影が薄かったですね。
普通にサラとアマネが主人公かなとか思ってしまいました。古き時代のフトダマとコヤネが背中合わせで戦い、最後はきっと打ち取られたんだろうなというシーンはとても好きです。どちらも相手を守って先に死ぬのは自分だと思っているところがつらいし、サラとアマネの2人残るところもつらい。サラが耳が聞こえなくなって、アマネと話せなくなって、それでも、彼らはきっと死ぬまで一緒にいる。
ウズメがタマノオヤに生きてというところも相手の幸せを願い、この後の苦しみを案じる、相手を思う人ってきれいな生き物だなと思います。
オモイカネの全てを飲み込んで耐えながらアマテラス(ツクヨミ)の傍にいるのも、なんて悲しい人だろうと。
アマテラス とツクヨミの関係はもっと見たかったですね。声を聞いただけでツクヨミとわかる演じ分けはおおっと。あれはわかりやすかったです。

キャラクターが魅力的で、リキッドによる副作用はそれぞれの本当に大切なものを奪いながら、その欠けた部分があるからこそ自分とは違う誰かとの繋がりに救われるというその関係性に思いをはせてしまう、遊玄堂さんの良さが凄く出ているのですが、
ちょっと詰め込み過ぎてわかりづらいのが残念だなと思います(苦笑)サイト見れば全体像把握は出来るんですけどね、出来れば音声だけで完結して欲しいです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/738-f8755c91

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR