.

視聴note   綾か紫ROCK

2017_09_06 .Wed
字綴りラヂヲ  
Com 0  TB 0  edit
http://temariuta.sakura.ne.jp/drama/ayakashi/index.html

企画・制作 字綴りラヂヲ
キャラクターデザイン あられ
編集協力 桐下暁
ジャケットデザイン 雛瀬シズキ
主題歌 トキノスキップ

片山 夏樹 くなぎ
三波 凛 ユキト
新道 司 アリア
天立 ひげ太郎
灯河岸 仁 神崎智也
弐志 ひなた 梓澤ペコ
綾乃 手毬みはる
紫朗 大宮水那瀬
霊感があるだけの普通の高校生だった夏樹は同級生の凛に話しかけたことであやかしの事件に巻き込まれて行く。

イラストの雰囲気が好きだったので、聴きたいなと思っていたのですが、やっと聴いた。
退治というか対処の仕方がが特殊なので、序盤で少し説明が多く必要になっているのがちょっと残念ですね。
凛とやまと(たぶん先代?)とか天立とみことの関係性に重点をおいた方が個人的には面白いとおもったんですが、別に出てこなくて良いので。みことは最後に少し出てきましたけどね。あんな感じで良いんだけど。それがもう少し中盤とか。
そうすれば、凛も天立もどれだけろうか(漢字がわからない……)を憎んでいるかわかるのに。
天立も途中でめちゃくちゃ語られるようになったけれど、その時は誰……?と。順番逆かもう少し伏線散らしてくれると良かったですね。部分的には好きなんですが。演者さんも好きな方ばかりですし。
司の我が道を行く感じとか、仁ののらりくらりしてる感じ、ひなたの天立を庇う必死さとか、凛の自分がはやまったせいで夏樹が危険にさらされたことを後悔して涙声で謝るところなんて、もうユキトさんの十八番と言って良いんじゃないかこの演技ばりに好き(意味不明)
夏樹は結構ずっと通常運転なので(だから、暴走する凛を受け入れられたのかもしれませんが)もう少し変化があっても良かったかなとは思います。
個人的に普通にパートナーとして、ろうかの未練をはらすために手紙を探すシーンが、劇的ではないんですけど、好きなんですよね。あれをもう少し関係性が変わったことを強調出来ないかとは思うのですが、特にアイデア無しの言うだけ←
スポンサーサイト

Comment


.

.
.

TrackBack http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/834-27e81f5c

.
Point de rencontre ≪ ≫ 花柳家といつかの客人
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced