.

視聴note   大神社の魔法使い

2017_09_20 .Wed
VoiceWizardry  
Com 0  TB 0  edit
http://voicewizardry.com/
制作:VoiceWizardry
脚本:影鴉
アドバイザー: 久我卓巳 
編集:影鴉 / 摩マクロ黒 / しまさぶろー
/ 琴猫 / nomko /Teaえむ 
イラスト:羅鳩
デザイン:P-DesignFactory

主題歌 / せすぼう

神山和魅(なごみ):しまさぶろー

辻谷龍平:makusimu

神山誠司(宮爺):ひでさん

九尾の神&ポチコ:ぬえむ

玄蛇沓子:久我先生

的場真也:摩マクロ黒

的場鉄次:紅梵

神山賢治&カラ爺:影鴉

神山景子:nomko

千年杉:SILVANA

神ノ山 雪:琴猫

若かりし頃の神山誠司&ヤク爺:指定医薬部外品

斎藤拓海:Teaえむ

櫻井麻衣:柊樹蓮

藤城由奈:藤城慧

五月雨柾人:五月雨柾

&SPECIALTHANKS♡
時坂ハジメ アロネス レスコン 真治 ch1h1r-0* 椿姫 ぴぃ しゅういち DERU 樽々タクト 愁仁 神打 縣ひかり 時田セイ 井弦ルナ さぶろう  針山うに 石山端角 すっとんきょー豪 めい ゆうと そうま
実家が神社で巫女をしている和魅は不思議な力を使え、自分を魔法使いだと思っている。しかし、彼女を認めない宮司で祖父である誠司に苛立ちを感じていた。そこへ国家公務員の龍平が派遣される。

和魅と祖父との確執は、傍目から見れば和魅の幼さ故、そのための視野の狭さ故なんだけれど、誠司としても自分が招いたことだから冷静ではいられないんだろうなと。
でも、彼女の幼さはそれはそれで彼女らしくて良いと思っている。だからこその成長が見られるわけですし。
龍平はエリートのはずなのに、どこまでもバカだなーと← それも彼らしいと言えば、彼らしいのかもしれない。その能天気さをもっと和魅との仲を深めるところに使って欲しかったけれど、消防団につかまってしまってからは和魅との会話部分が最後までほとんどなくて残念。
そういう意味では神社の人もそうだけど、登場人物が少々多すぎて、把握がしづらい。それぞれの主要キャラも深堀できないし。

宮爺こと誠司の若い時の声良い声ですね。まさにイケメン。
九尾が消えていくシーンは好きですね。

沓子は敵キャラかと思いましたが、そうではなかったらしく、誠司と共闘した時のシーンはかっこいい。もともと声に存在感があるというか気になる声だったので、好きなキャラではあったんだけど。

龍平が和魅に勇気を出させるところがあともう一歩足りない感じがするなと思っていたら、誠司がもっていきましたとも。老いてもイケメンは変わらないらしい。
支えてくれる人、両親、友、そして、自分がいる。ならば、なぜ自分の強すぎる力を恐れる事があろうか。恐れるものはあるか?と聞いて、和魅がないと答える一連の流れが好きだなと思う。
友はわからないけれど、両親はそう思わせるところがありますよね。特に父親は遠方でここにはいなくて、時たま電話で登場するだけだったけど、包容力という意味でなんだか存在感がありましたね。
千年杉と誠司の会話も好きですけどね。

柾人の駅員の言い方は笑う。出てきた時はチャラ男かと思ったらそっちかとつっこんでしまいました。
スポンサーサイト

Comment


.

.
.

TrackBack http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/843-3faa5f7d

.
utopia ≪ ≫ 猫の話
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced