FC2ブログ

Entries

サイレントスリーパーII~聖恋哀歌~

http://pvg.main.jp/silentIItop.html

<キャスト>
桐生佐助 (CV:本田賢士)
桜 真央 (CV:立花理央)
橘 十三 (CV:加賀誠志郎)
君島優斗 (CV:岩瀬遼平)
棗 伊織 (CV:DEN)
烏丸巧海 (CV:アレックス)
吉祥久遠 (CV:和鳴るせ)
真田幸村 (CV:吉田一番)
宇都木啓太(CV:村尾祥平)

<スタッフ>
企画・演出        : D
脚本           : 尾花浩介(pen & voice galaxy)
キャラクターデザイン   : イオ
彩色・仕上げ       : 猫宮
音楽           : 小澤時史
音楽制作         : カートプロダクション
編集・効果        : D
主題歌          : 『聖恋哀歌』
                歌:小寺可南子
                作曲/編曲:加藤慶
                作詞:椎名信望

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
サイレントスリーパーシリーズの第2弾。佐助と真央が通う学校の校内放送で突然ある歌が流れると生徒たちが凶暴化して襲ってくる。彼らを倒しながら向かった放送室では……

と、ちょっと引っ張ってみたくなりましたが、誰もいなかったんですけどね。
元々は予定していなかった第二弾だったんですかね?本当に前回では影も形も無い新キャラが登場していたので。特に久遠さん、すごい佐助とも真央とも顔なじみという感じで当然のように出てきましたが、誰?(苦笑)前作には出てなかったで良いですよね、そこまで記憶障害起きてないですよね、私(不安)烏丸に関しては真央の桜家と対立、している訳ではありませんが、競っている家の跡継ぎのようだという説明はありましたが。
久遠さんの話し方好きなんで、途中で、ま、いっかになってましたけどね。和鳴るせさんの妖艶さが素敵です。絶対良い感じに色っぽい姉御肌な感じの人物なんだろうなと感じます。最終的にはラスボスの仲間だったということがわかるんですが、そのあっさりした裏切りがマジか……と思いつつ惚れる←
烏丸は良くも悪くも当て馬?というかやられ役でしたね。真央との対比にしたかったのも、佐助の強さを表現したかったのもわかりますが、不憫だな、君……佐助は直前の生徒たちが襲ってきた時は苦戦してたのに烏丸と戦う時は凄い余裕というか好戦的でしたよね、その差は何ぞ。相手が生徒だから力を出せなかったとかならわかりますが、操られていた生徒に手加減している感じはなかったです(首の骨折れるレベルの攻撃してましたし)単純に生徒たちに押され気味だったシーンの直後にかっこつけられてもちょっと(苦笑)と思わないでもないですね。
烏丸の最後のそれまでの敵対心はどうしたというちょっと懐く感じがわんこに見える。
伊織は行動理由がわかりやすかったですよね。戦闘で役に立たないことへのコンプレックス。
荷物散らばらせたときのコンタクトケースはちょっと露骨でしたね。最初にかなり彼の目について言及されていましたし、何よりその場でコンタクトケースって、明らかにあやしい。何かあると思わざるを得ない。
でも、本に関わると赤い目になるというのもどこかで言われてましたっけ?ほんとに覚えてない……←
まだ戦闘要員でもないのに他の生徒のように操られていないことの方が説得力がありました。特に説明が無くても、うむ、確かにと。

今回は真央の回だった気はしますね。同じ意見、もしくは真央の意志を尊重していた佐助と意見が食い違っても伊織を助けようとしたところは彼女の意志の強さを表現していたんじゃないでしょうか。彼女に関してはそういう性質なんだと思いつつ、迷いが無さ過ぎてちょっと感情移入しにくいんですけどね(苦笑)

十三の自身の命かけてまで真央を信じる忠誠心、そういうの好きだよ!特に飄々とそこまで感じさせない上でのその忠誠、良いと思う。

最後の幸村はなんとなく想像出来なくはなかったけど、あれ……死んだんじゃなかったんだっけ? という謎は次回ですかね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/867-aadb451c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR