FC2ブログ

Entries

サウンドコレクター

http://www.memut.net/Audiodrama.html

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
屋敷に集められた6人の男女。そこで彼らは屋敷の主が探している物をあてるように言われる。そこでは答えが見つかるまで1時間毎に1人ずつ参加者が消えていき……

デスゲーム的な様相を呈していますが、身の危険を次第に感じさせているものの、死が隣り合わせという雰囲気は少し弱かったかもしれませんね。まあ、元々彼らの生命を脅かすつもりはなかったようですが。
その辺りは自分があんまりドキドキさせるのは得意ではないので、そこまで緊張感なくちょうどよく聴けましたけど、作品の趣旨としては大丈夫なのかな。
あとはもう少しキャラクターを振り分けて貰えると有難かったですけどね(苦笑)女性5人と男性1人、それもたぶん年齢はみな20~30代くらい。主人公以外は少しきつめのキャリアウーマン風の雰囲気を出しているので、とにかく声を聴き分けるのが大変。最初は3人、3人に分かれていたからまだ判別できたものの、1人消えて5人が一緒に動くと会話してても誰が誰やら。
そういえば自己紹介も本当の出だしは無かったんですよね。説明台詞はあんまり好きではないですが、誰かまずは名乗りましょうみたいな話にならないのかな。途中からはそういう流れになりましたが。

楽器や鈴や風鈴や時計、水、それらを集めた部屋が続いていき、音に関係するものを館の主人が探しているというのは、まあ、想像しやすいですよね。特にリスナーとしては予告でもヒントがありましたから。
そして、声というのも想像できなくはない。ゆらぎが同じらしいんですが、……うん、わかるわけないですよね。

CD特典のメイドも執事も誰も彼もが謎な存在で、どこの誰とも知らず、それでもあの屋敷のあの主人だから集まったという雰囲気の方が私は好きでしたね。謎は謎のままにして置きたい感じ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/870-fb94c219

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR