.

視聴note   愛と欲望の螺旋(番外編)

2017_11_08 .Wed
Sevastia  
Com 0  TB 0  edit
http://sevastiaproject.wixsite.com/sevastia/01

榊原夕鶴・・・猪芝 佳
神橋絵里奈・・・雪城あゆむ
九條領夜・・・愛音 録
榊原晴樹・・・日暮惣太
樺月彩・・・緋林えりな
​久遠静香・・・綾瀬きのこ
九條帝・・・八神一紘
​九條仁志・・・浅沼諒空
​エキストラ・・・黒守九十九
エキストラ・・・こずみっく

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
夕鶴たちの従兄領夜の話「胸に秘めた想いの果て」と夕鶴と絵里奈の友人彩の回想「遠い夏の思い出」の2編が入った番外編。

最初の領夜はひたすら晴樹に牽制されるという不憫。もはや家が違うから、むしろ、お前には言われたくないと言い返せば良いのに(苦笑)戸籍上も血縁上も兄の人に男として敵対視されるという。
でも、まあ、ある意味領夜がずっと兄という立ち位置で不可侵でいてくれたから夕鶴としても救われたと思いますがね。素晴らしい忍耐力ですよ。それにしても君、弟いたの。本当の子どもではない自分が長男で両親と本当の血のつながった方が弟で、色んなストレスで禿げないようにして欲しいものです← 私個人としては別に夕鶴とくっついても良かったんですけどね。この2人の並びはこの物語で唯一安心出来るよね、色んな意味で。

次の彩の回想は、少々声が安定しないので彩ではなく、別の子が語り手になった方が良いかもしれなかったですね。ちょっとモノローグ向きではなかった(苦笑)さらっと入って来た百合展開。でも、夕鶴は確かに女の子にもてるタイプだと思うし、なんだ、その中学生にしての王子様オーラは。同級生の男子に同情する。編に百合を意識し過ぎていなくて、多感な女の子が意識してしまったくらいの感じがちょうどいい。
ここでの夕鶴と絵里奈が本来の姉妹のような仲の良さでずっといるのは、なんだか本編を聴いたあとだと尊いですね。最初に出会ったのが3年前とかという話をしているので、これはあのごたごたが起きる前の話なんですかね。ここからぶっ壊れていくのかーとか思ってしまいますよね。
スポンサーサイト

Comment


.

.
.

TrackBack http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/871-eb77b787

.
サウンドコレクター ≪ ≫ 魔界の一番長い日
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced