.

視聴note   魔界の一番長い日

2017_11_11 .Sat
VoidLabo  
Com 0  TB 0  edit
http://voidlabo.com/drama/makai/index.html

ナツメ
日野舞子
ちよっ子
祐梨
雑用

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
大学生の白金結は帰宅途中の電車で居眠りをしてしまい、気づくと魔界へと迷い込んでしまっていた。

出て来るキャラは4人で流れも魔界中央政府とそこに敵対する勢力が戦っている(今は最後に残ったエルフのみ?)というわかりやすい構図なのですが、残念だったのは、主人公が魔界に来たことでの変化がなかったことですかね。周囲への影響、もしくは、主人公の変化どちらかは欲しかった。
結を拾ったプラチナは差別されてダークエルフの集団から追い出され、べリルはちょっとした負の感情から天界を落とされたというドラマがあるのだから、それをうまく使えたら良かったですけどね。ベリルの場合はその要素はありましたが、主人公そっちのけの魔王ラバナとのやりとりでそれは昇華されたので。何で主人公来る前に終わらせられなかったし、とは思いますね。流れ自体は少々ぎこちなさはあるものの、好きでした。
何でも受け入れるラバナにベリルが心を許したんでしょうが、もう少し彼女への理解を見せる部分があったら良かったですね。優柔不断な魔王とは別の側面、ベリルが付いて行きたいと思うところがもうちょっと強めに出ていると良いかな。最後のどこでも付いて行きます、トイレ以外の流れはずるいなと笑ってしまいました。ベリルの悲痛に叫ぶ感じは好きなのですが、どれも同じ感じの叫び方なので、レパートリーが増えると良いなと思いました。
プラチナはそれこそどうしてそれまでエルフ族のところに行かなかったし。なんだかんだ案外あっさり中央政府との敵対をやめることになったので、尚更。自身が追われるように出て行ったところに戻ることにふんぎりがつかなかったなら、それはそれで良いんですが、それが結との出会いによって行くことにしたのでなければ結が主人公として魔界に来た物語の意味がないような……ちなみに私はプラチナはほとんど終わりごろまで少年だと思っていた。女の子だったのか……(ちゃんとサイト見ない人)
兵器が暴走した時の訳知り顔にベリルが話していますが、こちらからするとなんのこっちゃ。どうなるんすか、もう時間も無いから主人公は元の世界に戻るんだろうけど、兵器が暴走するとどうなるんだというところがわかるようにしてくれると有難い。
結の最後の別れたくないというのは、うむうむ、別れのシーンとしては有り、と思うのですが、それ以上に恐い……って(笑)正直だなーと思いつつ、結局、あわわしただけで、周りが変化していって終わりになってしまったのは彼女というキャラがいる意味という点では残念ですね。
スポンサーサイト

Comment


.

.
.

TrackBack http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/872-d436bad1

.
愛と欲望の螺旋(番外編) ≪ ≫ スウィートソウルマーチ
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced