FC2ブログ

Entries

Ciere2~忘れない旅人のはなし~

http://lafine.hiho.jp/ciere2/

企画elpis.(奈緒弥)
  イラスト一式

ライゼ雪福
シエール清澄ユユキ
メル美鈴
タム・リンhie.

ケニス鴻上きずな
ウェルト山口和将

アーヴィング只野タカノブ
パドリグ犬神あう
ドニゴールトーマスG
イザベル鹿島アヤ

姫君本宮りの
ティミドちそら
ルーチェ馬嘉らら

語り手守矢光秀

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
滅びに向かう世界を旅するライゼ、彼は自身の住む精霊の森に住む魔女シエールに旅先で出会った精霊たちのお話を語って聴かせる。

1ではあまり内面や彼自身のことがよくわからなかったライゼをメインとしたお話で、1トラックに1人精霊が出て来て、彼に思い出を預ける。彼は思い出を記憶する旅をしている世界が消えないように。
ライゼ自身がのんびりと話す人で、精霊たちも長い時を生きたものたちが過去を語るものが多いので、やっぱり雰囲気としてはのんびりゆったり起伏が少ないことが多いですかね。最初のアーヴィングは騎士にしては軽いノリで、でも、お姫様の前では忠義のある騎士である変わり方が好きです。軽いノリの話し方も好きですけどね。怪物と言われる割にかるっ!(笑)という感じでした。
でも、やっぱりパドリグやドニゴールの悲しいという程は鋭くないけど、寂しさを感じる仲の良かった人間たちの別れが、しんしんと沁みてきます。
精霊は長い時を生きるが故に、そして、おそらくは人間よりも多少丈夫であるがゆえに滅びゆく世界で生き残り、わずかな時を共にした人間たちは先にいってしまう。そのぽっかりあいた穴。そのままであれば恐らく孤独に生き、孤独に消えていく彼らですが、旅人であるライゼにわずかな希望を託しているのかもしれません。執着はないけれど、あの思い出だけは永遠に。ドニゴールが彼とずっといたいと言った記憶の中の少女に自分もずっと一緒にいたいと言ったように、ライゼに託すことで彼らは思い出の中でずっと一緒にいる事が出来ると思ったのかもしれません。少なくとも一緒にいたことは消えない。

世界について描かれることはほとんどなく、また聞きのように世界に限界が来ていると言われ続ける。
そんな中で、思い出を集めるのも、大切な少女を愛おしく思うのも、何だか切ない。
だけど、物語全体が苦しさや悲しさという感情とは異なる雰囲気で、どこか優しさも感じるのはライゼの視点を通しての事だからかもしれませんね。
でも、シエールに消えて欲しくないと言った時の声はライゼ、オマエそんな声出せるんだな、と何だか感慨深い。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/894-5c8ba669

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR