FC2ブログ

Entries

drowning in flower~happylife~

https://hiyokobunbun.wixsite.com/difhappylife

キャスト
柴貫昇/上条佑人
神崎俊一郎/ごじゃっぺ
レイジ/Lucy.
マスター/どく
舞/野崎雨汰
彩夏/他エキストラ/樽々タクト
咲田直人/学生/あおいろ
    /成人/あきら
堂島薫/浅沼諒空
柴貫楓/麒麟
河辺里瀬/crisu
河辺妙子/モモサキモヤ

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
前作drowning in flowerの後日談。モデルになった昇と俊一郎の再会、そして、恋人関係になるまで。楓と里瀬のその後も。

ということで、また恋をして良いですかと言っていた昇が戻って来て、俊一郎の天然に調子を狂わされて告白してしまうところや、素面でキスしたらどうなるのかとやってみてしまう俊一郎のマイペースさとか、いつも通りだなという感じです。
ほぼほぼくっついているようなものでしたが。俊一郎がいくら天然といっても何も思わない相手にする行為ではないですし、無意識下では昇が恋愛対象になっていたんでしょうね。かなりがっつりキスシーンがあり、さすがR15。でも、変に性的というかエロシーンとして描いていないのが良いですね。年齢制限表示を見るとそこだけ身構えてしまう(苦笑)
楓と里瀬は既に恋人関係が前作で成立していましたが、里瀬の親類の中にも彼女の幸せを願う人がいるという幸せな雰囲気がほっとします。妙子おばあさん、理解がある。理解があるというよりも、どういう形でも里瀬が幸せならそれが一番という考えなんでしょうね。良い人だ。
個人的には実は直人のくだりが好きなんですよね。出て来た瞬間は、誰だったっけ、この人……と忘れてましたが(汗)
昇に裏切られたと思って去っていった男の子。それが時間が経ち、昇への感情も恋というよりは穏やかな思いに変わり、思い出の1つになっている。当時はきっと傷ついて昇を責めたでしょうが、時間が解決する、という1つの形を見た気がします。
切なくて痛みを伴う初恋だったけど、裏切られたという思いは昇に恋を教えられなかったという思いに変わって、彼が恋を知って幸せであればと願う優しいものに変わっている。昇もそう。だから、大人になって出会った彼らはきっと良い友人になるでしょう。
もしかしたら、仕事仲間として頻繁に会うようになるかも。そんな想像をして優しい気持ちになれる。

音楽は前作に続いて好きでした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/896-3e659f71

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR