.

視聴note   魔王様の優雅な休日

2017_12_03 .Sun
Fleugaria  
Com 0  TB 0  edit
http://fleugaria.web.fc2.com/maou/

Fleugaria:企画統括
氷上綺沙羅:脚本担当
雪花里央:編集・作詞作曲・CV(アルメリア)担当
寿春太一:ロゴ制作・イラスト担当
RitsMatt:作編曲担当
織倉俊哉:CV(魔王様)担当
流:CV(レムナント)担当
由比春都:CV(セルフィアード)担当
織田:CV(勇者様)担当

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り

魔王の城に辿りついた勇者、そこでなぜか魔法の部下にするすると魔王のもとにまで案内され、出会った魔王は、どこか抜けたドジばかりの青年だった。先代のように世界征服などするつもりはなく、静かに暮らしたいだけだという現魔王に言われるがままに魔王の城に住むことになり。

基本、魔王たちを怪しむ勇者と勇者を呆れさせる魔王のドジっぷりと部下たちからのいじられっぷりのほのぼの日常風景でした。
双子の姉弟アルメリアとセルフィアードが突然幼くなったり成長したり、城の外での買い物の時は使い分けててたくましいですね。
ゲームの時は2人ももう1人の従者であるレムナントも魔王への扱いめちゃくちゃひどいのになんだかんだ魔王のことは好きで、勇者が魔王を殺そうとすると容赦ないんですよね。
レムナントはわかりませんが、双子はもといた場所を追われてここに来た過去がありますし、勇者は勇者で、両親はおらず、村全体で育てられたものの1人だったという過去があるので、それはアクセントですよね。勇者も家族として扱われるようになった魔王の城に自分の居場所を見つけたんでしょうし。
スポンサーサイト

Comment


.

.
.

TrackBack http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/899-89ea3cfb

.
名前のないマホウ ≪ ≫ リンネふたたび!
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced