FC2ブログ

Entries

私たちの、ちいさな7月

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
とある閉めてしまったキャンプ場にそれぞれ死のうと思ってやってきて出会った男女のお話。

前回は恋人?関係にある2人の男女がそれぞれ個人で朗読する作品でしたが、今回は会話をしていて、なんだかそれだけでおおっと思ってしまいました(単なる作風の問題でしょ)
静かで落ち着いた話が聴きたいなと思って前作の雰囲気を期待して聴いたら、前の染み込んで来る雰囲気そのままで良かったです。
恋人を亡くした男性たくとと失恋をした女性みき。死んでしまった恋人もきっとたくとに愛されたことを幸せに思っている。
死という言葉が出てきますが、重くなり過ぎないのがちょうどいい。死に魅せられながら、でも、生きたいとも思っている。
みきも本当の本気で死にたかったわけじゃないと思う。
死ぬな。生きていて欲しい。通りすがりの人でも良いからそう言ってもらうことが救いになることもある。
寂しいひとりぼっちの2人が並んでいる図が目に浮かぶ。今後、親密になろうがなんだろうが、今はそれぞれ寂しいから、寂しいもの同士隣り合っていられるんだと思う。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/903-49d35762

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR