FC2ブログ

Entries

夜空が眩しくて

http://2style.in/oboromadoka/2017/Yozora/index.html

CAST

●津村高志
村田 ダイナモ
●笹倉夏樹
華緒 倫
●笹倉たつき
ツキノベ
●笹倉愛子
ゆゆ
●菅野かほ
あおいろ
●菅野なみ
夕宮 奏風
●木原ゆう
嘉吉 なす


STAFF

●イラスト
庚の字
●描き下ろし楽曲提供
旅音
●使用楽曲
へろみゅう
●動画
みや。
●編集
斉藤しおん
●ロゴ/ウェブデザイン
涼和
●シナリオ
ツキノベ

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
葬儀屋で神父をしている津村高志は失踪した姉の2人の子どもを預かることになった。しっかり者の姉夏輝と発達に障害を持つ弟のたつきと3人での一夏の生活が始まった。

聴き終わって思ったのは、またすごいものを作ったなおぼろまどかさんでした。前作のTremblerはある意味聴くからに問題作という感じでしたが、こちらは基本穏やかに進んでいって母親のヒステリックな反応もオブラートに包んだようなどこか遠い出来事のようなのに、硝子の破片が散らばった道を裸足で歩いて、いつの間にか血まみれみたいな、些細なことが刺さって、ボロボロにされるというか。あ、でも、基本穏やかで温和でハッピーエンドです。
という謎な感想を抱く作品です。
一番の理由は高志がまともで、まともなのに神経質なところがなく、のんびりマイペースだからかもしれません。彼はたつきの普通とは違う行動にも疲れた困ったとは思うものの、叱責はしなかった。声を荒げず、手もあげない。初めて夏輝がいなくてたつきと2人っきりになった後も、建設的に彼との関わり方を1つ1つ夏輝に相談して、たつきとの適切な関わり方を学ぼうとしていた。普通なら自分の常識の範囲にないものを拒否するでしょうし、真面目に自分と歳の離れた女の子に相談することもない。そのアドバイスを真面目に取り入れることもない。適切に夏輝に頼って、でも、一方で普通の感覚で彼女を心配して、彼女とたつきが可哀想だと思っている。どこまでも平凡で普通で、でも、それが落ち着く人です。夏輝とたつきの母で自分の姉でもある愛子と話した時も、彼女を責めるのではなく、ただ純粋に彼女たちが可哀想だと思って言ったから、愛子も聞く気になったのでしょう。彼らの会話は家族の会話だったなと思います。踏み入り過ぎず、でも、これまで積み重ねた時間を感じるようなそんな会話。まあ、家族にしては整理整頓された会話ではありましたが、それは物語だからということで。
夏輝は本当に最初からしっかり者で、たつきの言動に慣れているからってここまできちんとたつきの面倒を見れるなんて、全く持って子どもらしくない。でも、夏輝はただたつきを世話してあげているつもりではなくて、自分が自分であれるの大切な居場所を守ろうとしていたのかもしれません。夏輝もある意味たつきと同じで他の人よりも敏感にものごとを感じ取れて、同じ感覚であるたつきといることは彼女には同い年の、だけど、彼女の感覚をわかってくれない同級生と話すよりも平穏だったのかも。一度、高志の前で弱くなって泣いた彼女は、最後またしっかり者のお姉さんになっていたけど、最初の張りつめた感じがなくなったのが良いですね。
たつきは物語として聴くだけなら、話し方も可愛くて。でも、痛かったこと悲しかったことつらかったことがいつまでも鮮明でいつまでも鋭い刃になって彼を傷つけて、いつまでもその傷は治らない内にまた傷が出来て、どれだけ残酷なことだろうと思います。独特なおぼろまどかさんの雰囲気が良く出ているセリフ回しをちゃんと表現していて、誰だろうと思ったらツキノベさんでしたよ。そりゃあ、意図くんで表現できるわ、本人(苦笑)雨でどろどろの地面におりた後で、抱っこをせがむ一連のセリフなんか可愛い。絶対自分が高志の立場になったらイラっとするんだろうなと思いながらも、傍目から見ていればすごく可愛い。
でも、そう思うたびに、自分が彼に責任を持つ立場じゃないからそう思えるんだろうなと思う。だから、母親の愛子も、彼らの面倒を見ていた高志も凄い。でも、きらきら星を言葉で歌えているだけで彼の成長を感じてなんだか嬉しくも感じる。
少しの登場だった菅野さんが印象深い人で、ご遺体を前にした冷たい感じと妹のことを話すハイテンションな感じに独特な笑い方をする感じのギャップが印象に残る。
普通の人にとって暗い夜空が、眩しくても、それでも生きていく事が出来る。
それを感じ取れなくても、話してくれれば理解してくれる人、理解しようとしてくれる人もいる。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/908-dd6248fe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

幸橋

Author:幸橋
視聴した作品のメモ
ボイスドラマ・ドラマCD作品の感想メイン(時々舞台など)

【注意】
※私的メモなのと気軽に聴きたいという理由から作品名だけの記事や感想が不親切な記事も多数
※感想が無い・雑でもご容赦下さい
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な感想が多くなる傾向があります

追加の注意書き

感想について

最新トラックバック

カテゴリ

RMR (3)
RNK (1)
108 (1)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR