.

視聴note   日曜日のホスピタル

2018_01_01 .Mon
Lunatic Venus  
Com 0  TB 0  edit
https://lunaticvenus.wixsite.com/lunaticvenus/nichiyohbi-hospital

院長兼理事長 純義 すみれ
CV: 睡
麻酔科医 ​二居名 璃衣奈
CV: 瑞
看護師長 美々未 みるく
CV: 鏡


多嘉山 駝架志 (たかやま たかし)役
なかじま様
尾樽 歩朶留 (おたる ほたる)役
Uu様
閲 枝通 (えつ えつ)役
ゼクス・フラガ様
笹田 悟史 (ささだ さとし)役
モリサキ様
雲雀 ヒカリ (ひばり ひかり)役
蠍媛様
結城 湯ウ季 (ゆうき ゆうき)役
野崎雨汰様
岾田 弥魔徒 (やまだ やまと)役
高岡洋志様

女性アナウンサー役
谷風結香様

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
院長の純義 すみれの病院では、平日、土日祝日となく、患者を受け入れ、ありとあらゆる病気に対応する。

患者に問題があるところもあるとは言え、サイトも看護師の話し方もまんまピンクという雰囲気なのですが、対処方法がえげつないので、奇怪、ホラーのような印象を受けます。真っピンクのパッケージを見た時はどうしたんだろうと思いましたが、作風の方向性は変わってないようです。今回は一番ボイスドラマというか物語色が強かったですね。これまでは断片的な会話、シーンが入り乱れた感じだったのですが。でも、モノローグの後ろで、看護師や医師が会話している感じなのは、今までの作風の踏襲であると感じます。
1人目の恋煩いは、注入したものの中味が言えないもの多すぎ(笑)だなと笑ってしまいましたが、精神の改ざんに近い形で恋心を消されるのは残酷ですね。
2人目は貧血だったのが、吸血鬼に変えられて、美しくなる女性。どんよりした感じがいきなり少女にも似た感じに生き生きし始めましたが、男性の血をすすってその美を保つ。血が足りないなら誰かの血を貰えば良いというのはまあ確かにシンプルと言えばシンプルな対処法。
3人目は資産はある守銭奴の老婆。おばあさんなのに男性が演じているの?とは思いましたが、確かに声は男より老婆の方がしっくりくる声なんですよね。別に男だから老人演じたら男にしなくちゃいけない理由はないですしね。人間の欲の醜さをわかりやすく感じます。冷凍されて目覚める時は来るのかな。
4人目は欲が全くない男性。処置は1人目に近いかな。なんか入れられたらしいですが、間違ったみたいで、なんだかすっごいキラキラした瞬きが傍で散ってそうなほど声がハイなんですが、何入れられたのやら。そして、最初は何を入れる気だったのか。なんとなく欲求がないというのは部分的には共感出来る人でしたね(睡眠欲はあるから違うけど)
5人目は醜女であることを気に病む女性が美しい人形に憧れて美しくしてもらうけれども、本当の人形にされてしまうという、あんまり彼女自身のモノローグはなく、どちらかというと看護師たちの会話がメインで彼女が人形化をどう感じていたのかわかりませんが、まあ、人形になってしまった今、誰にも本人にもわからないことなのかもしれません。
6人目はペットを亡くした女の子が、生き返らせてくれと人間の病院に連れて来る。幼さ故の無理難題を言い、最後は死んだみーこに会いに行けば、親にも恋心を寄せる男の子にも会えないとわかって戻っていく。小さいから仕方ないよねと思いつつ、これが結構えげつないというか残酷な感じはしますね。生きかえらせたいというとんでもない願いまで抱いたペットをあっさりと捨てていくんですから。
7人目は尊厳死を望む男性。正直、彼の背景にあるものがよくわからないんですよね。彼もこの病院でいじくられた人間の1人なんですかね。でも、彼にかけられる言葉は優しくて、看護師や医師たちにとって彼はなんだったのか。

看護師のみるくも麻酔医の二居名も院長に改造されている。でも、すみれも心臓にパッチがあり、それが病気とは無縁の体にしている。それを誰がほどこしたかわからない。それがこの病院を謎のまま不気味なままにする。
スポンサーサイト

Comment


.

.
.

TrackBack http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/931-48400be9

.
Three Laws Of Robotics ≪ ≫ 雷神八系-ZANAM- ファム・ファタール 運命の女
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced