.

視聴note   白雪に攫われて

2018_01_02 .Tue
Umbrella  
Com 0  TB 0  edit
http://umbrellaumi.jp/shirayuki/

脚本 :辰巳
イラスト :NORICOPO  
作曲 :Yuy  
作詞 :有村まよ デザイン :野谷トオル
歌唱 :棗いつき サイト :とりこ
キャスト :
浅見ゆい
ユキト
鹿島アヤ

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
高校の同級生であるゆかりと雪は密かに付き合っている。ある日、雪が中学からの同級生と仲良く話しているのを見てゆかりは強く嫉妬し……

話自体は複雑なところがなく、真っすぐ真っすぐ、2人が2人だけの世界を求めて、ゆかりが雪を閉じ込め、それも上手くいかないとわかったところで、2人で湖に沈むという真っ直ぐに進んでいくイメージ。
かなり極端というか常識的な思考全く差し挟まないので、なんと言って良いのか(苦笑)
個人的にはすれて、普通に思い悩んでいる感じのゆかりと、雰囲気こちらの方が嫉妬深いゆかりよりも正常そうに見えて実はゆかりなんて目じゃないくらいに思考がいっちゃっている雪がそれぞれユキトさんと浅見さんでこの会話おいしいなあと思って聴いてはいましたが。
雪の閉じ込められるとわかっていて、かくれんぼだね、うまく隠れるねと楽し気に言う感じがもうほんと浅見さんの演じるサイコパスは!と思ってしまいます(サイコパスという表現が合っているのかわかりませんが)言っていることがヤバいとわかるのに可愛い。もはや加害者といっていいゆかりの方が動揺するくらいに受け入れている。

普通こんな考え方しないでしょ、というか、家に閉じ込めるって、その家なんぞ?ずっと閉じ込められると思っているのか、どうやって養うつもりでいるのかとか考えますけど、通常の思考が出来なくなっていると言われたらそこで終わりなので、ここは細かいところは突っ込まずに雰囲気だけ感じ取れれば良いんでしょうか。

紬の言っていることほんと正論で、悪役っぽくなっていますが、それが普通の反応だよねとは思います。声が可愛い分、冷たい感じの言い方がギャップがあって、ますます鋭さを感じる。でも、一方でこの子には同情も感じる。この2人何言っても無駄だよ、思考が普通の社会の思考とは別次元だから、とも思う。
スポンサーサイト

Comment


.

.
.

TrackBack http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/935-92c4f866

.
北の大地のおもてなし ≪ ≫ ナイトメア・アポカリプス
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced