.

視聴note   うそつきな茜空

2018_02_25 .Sun
ひつじさん連盟  
Com 0  TB 0  edit
http://www.hitsujisan-renmei.dojin.com/akanezora/

【注意】
※感想が不親切、というかメモだから意味不明
※ネタばれ有り
※作品に抱いた違和感を考察する事が多いので、結果的に批判的な部分も有り
高校に進学した茜音はある理由から友達を作らないようにしていた。そんな彼女を中学時代からの友人華穂はバンドに誘い、4人のメンバーを集めて、新人ロックフェスを目指す。

百合要素が入っていますが、友情に少し上乗せした感じなので、そこまで気にすることはないかなという感じです。
蕾実が少しボーイッシュな話し方なのはキャラ分けしたのかな?その割には茜音と梢がキャラかぶっていたのと声を低めるとどちらも声質が近いからここは何かしら分けても良いかなという気はします。茜音は暗い理由があるから、梢がもう少し姉御肌を感じさせても良いかも?あと、ここは聴きやすさの面ですが、明るい2人と静かめの2人がいると後者が聴き取りづらい(苦笑)
ロックフェスで披露する曲がちゃんとあるんですが、むしろ、最初の見学に行った時に流れていた曲が気になるんですよね。誰だろう?普通に素材なのかな?
それぞれのキャラが楽器を選ぶ時に、なんで地味なベースを梢が積極的に選んだのかと思っていましたが、思いを寄せる先生が使っていたからなんですかね。どこか天然っぽいところがありますが、さすがに梢くらいの積極的アプローチをされたら好意に気づいたか。彼の卒業してもという言葉がその場限りの断り文句なのか、ある程度梢に関心はあるのかどちらか判断が難しいですね。
というメインの茜音が華穂の姉で自分が思いを寄せるほのかに嫌われ、そこから華穂が立ち直らせようと必死になるメインよりも脇の方が気になってしまうのでした。
スポンサーサイト

Comment


.

.
.

TrackBack http://nasanotsuki.blog.fc2.com/tb.php/972-3171d413

.
月蛍〜君のためにできること〜 ≪ ≫ けいとなお
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced